そろそろ超えたらしい! 1000万超人パワー!!


by HBK-SWEET
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:プロレス( 478 )

ネットプロレス大賞2014

すでに放ったらかしのこのブログですが、
一年の締めくくりに恒例となったネットプロレス大賞のアレを。

MVP
1位:オカダ・カズチカ
2位:石井智宏
3位:入江茂弘

寸評:特にありません

最優秀試合
1位:田中将斗 vs 石井智宏(新日本・2/3後楽園ホール)
2位:拳王&フジタ“Jr”ハヤト vs G・サスケ&新崎人生(みちのく・11/4岩手県営体育館)
3位:小橋建太&武藤敬司&秋山準&佐々木健介 vs KENTA&潮崎豪&金丸義信&マイバッハ谷口   
    (5/11日本武道館)

寸評:1位はもう鉄板です。2位、3位は悩んだのですがパッと思い浮かんだ試合を。
正直、小橋引退試合は別枠にした方がいいのか悩みましたが、とりあえずこの順位で妥協。

最優秀タッグチーム
1位:ヤンキー二丁拳銃(木高イサミ&宮本裕向)
2位:TMDK(マイキー・ニコルス&シェイン・ヘイスト)
3位:関本大介&岡林裕二

寸評:これも1位は鉄板ですね。2位TMDKは今年本当に伸びたと思います。
3位の二人はいつどの団体で試合をしても高い水準なので評価しました。

新人賞
1位:竹下幸之介
2位:高橋匡哉
3位:遠藤哲也

寸評:竹下くんは本当に今年伸びたと思います。去年の段階では?マークが付いていましたが
DDTの将来を託せる選手だと確信出来ました。2位の高橋選手はデスマッチで頭角を表し、
来年の飛躍が期待できます。また、遠藤選手についてはあまり新人というイメージがないのですが
怪我からの復帰以降の成長が目覚ましいです。

最優秀興行
1位:DDT万博(8/17両国国技館)
2位:DDT両国ピーターパン2013(8/18両国国技館)
3位:三重・四日市オーストラリア記念館追悼興行&カラテバラモン復活ライブ
~バラリンピック2013~(11/29オーストラリア記念館)

寸評:両国2Daysで1位にしたかったのですが、苦渋の思いで分割。まあぶっちゃけ
個人的なアレも入っています。3位は会場に行っていない試合ですが、
映像でちょっと映っただけでも「その場にいたかった」感が半端無かったです。
最高に狂っている興行(笑)

最優秀団体
1位:DDT
2位:新日本プロレス
3位:大日本プロレス

寸評:順当なら新日なのですが今年1年の伸び率でDDTを1位評価しました。
3位は今年も安定の大日本プロレス。本当に選手層が厚い。

最優秀マスメディア賞
1位:ニコニコプロレスチャンネル
2位:大改造!!劇的ビフォーアフター~新日本プロレス寮編(テレビ朝日)
3位:オスカープロモーション

寸評:1位は鉄板なのですが、2位は悩んだ末に番組の面白さで評価。
3位はこれもまあ、個人的なアレなのですがオスカーさんのメディア発信力は
本当にすごいです!

以上です。
今年は会社を辞めてからプロレス観戦だいぶ出来たと思います。
来年はもっと会場に足を運びたいし、
プロレス全体でさらに上のステップに駆け上がればいいなと思っています。
[PR]
by HBK-sweet | 2013-12-31 14:33 | プロレス

お尻を出した子一等賞

なかなか忙しい日が続いております。

とは言っても、
ここ一年ぐらいは自分が好きな事を仕事にできているので
忙しいとはいえ、仕事そのものへのストレスは減ってきていることに加え、
先月から環境が変わったことで、それ以外のストレスも
ほぼ無くなりました。

やっと理想の環境に近づいてきたかもしれません。

相変わらず続けている仕事もあり、新しく出てきた仕事もあり。
経験も活かしつつ、新しいことにチャレンジできる環境はかなり刺激的です。


続けている仕事の一つにイベント仕事があります。

先日行ったとあるイベントではDDTの男色ディーノ選手を
ブッキングしたのですが、改めて男色先生の凄さを思い知りました。

「知り」だけに「尻」も出たんですけどね。

このイベントでは台本も書いていました。

進行の都合上、ディーノさんにアドリブでお任せする部分が多く、
なんだか申し訳ないなと思っていたのですが
こちらの想像以上に会場を盛り上げていただきました。

最後も尻が出てクライアントの社長も含むTOP2人が
キスと尻の餌食になったのですが、
イベント終了後は大変に感謝されました。

尻が出てクライアントがその尻に沈められて
褒められるイベントって今後も無いような気がします。

何もかもディーノさんのおかげです。
本当に感謝しています。

ただ、個人的にイベント全体の出来としては60点ぐらいだと思っています。
まだまだ上手く出来た部分は多いので反省しております。

100点の仕事なんてあり得ないと思うのですが、
常に90点台を叩きださないとプロの仕事とは言えないと考えているので
引き続き精進していきます。


とりあえず、また尻が出ても怒られないぐらい
めちゃくちゃなイベントやりたいですね。

尻で盛り上がった実績を手に仕事を取りに行ってきますか。

いや、尻を出したのはディーノさんではあるのですが。
尻プロデューサー的な。
[PR]
by HBK-SWEET | 2013-09-02 22:58 | プロレス

プロレスの底上げを

ここ一年ぐらい不思議な人脈とご縁が広がり
半分仕事、半分プライベートで様々なことに関わらさせていただいております。

現時点では言えないことがほとんどなので、
上手く着地して広く世間に発表できる日が来た際には
あれやこれや告知させていただきたいと思います。

それと、今ざわざわしている全日本プロレスのオーナー問題。

別にこれは隠す必要もないのでアレしますが、
内田さんとは以前の会社にいた時から仕事でお付き合いしておりました。

もちろん、当時は内田さんも全日本プロレスに入る前。

内田さんも個人的に全日本プロレスと言うか、
武藤さんのお手伝いをしていたのは知っていましたが、
気がついたら全日本プロレスに入社していました(笑)

その後も色々とお話はさせていただいていたのですが、
結局プロレスの部分ではタイミングが合わずに
ビジネスを成立させることができませんでした。

今回の騒動については出てくる情報を
咀嚼して理解する必要があります。

選手だけではなくて、社員、関係者も含め
なるべく幸せになる形で収束して欲しいなと
僕からはそれだけです。


今はプロレス業界底上げのチャンスだと思うのです。

関係者もファンも足の引っ張り合いをしている場合じゃないですよ。

昨年からのブシロードによる新日本プロレス大量露出が契機になった部分もあり
単純な露出効果で考えても現在に至るまで、
相当量の「プロレス」が世間に発信されています。

もちろん、他のメジャースポーツに比べたらまだまだ、まだまだの状態ですが、
ビジネスとしてのプロレス、コンテンツとしてのプロレスの価値を
上げていく絶好の波なんですよね、これ。

悪いニュースではない限り、今は「露出のされ方」に
事細かく注文をつけていくフェーズじゃないと思います。
何はともあれ露出することが大事。

昔のAIDMA理論ではないですが、
最初の「Attention」が無いと、潜在層にアプローチ出来ないですから。
Attentionで終わりじゃなくて、そこからどうするかが次のステップなんです。

Attentionだけで全て判断する人が多いことにちょっとガッカリしてますけど。
バラエティ的な側面で紹介することだって
A→Interestへの動線になっていると思うので、これも否定しません。

今までできていなかったとすればI→Dから先の流れだと思うので、
この部分については業界一丸となって考えていけばいいと思います。
否定ばっかりしていても先に進みませんって。

トライ・アンド・エラーでやっていくのがマーケティングの基本です。

お前はプロレス業界にいるわけでもないのに
何を言っているのだと思われるでしょうが、
今の職種と立場だからこそ見えてくる部分があるのです。

僭越ながら自分なりにいくつか種を蒔いておきましたので
その芽が出てきた時にもう少し詳しくアレをアレしたいと思います。

大輪とまでは言いませんが、少しでも綺麗な花が咲くといいなと。

今までだいぶお世話になってきたプロレス界に
少しでも恩返ししておきたいです。
[PR]
by HBK-SWEET | 2013-06-05 00:33 | プロレス
ブログを更新していない間に色々ありました。

すげー面白いことが進行中だったりするのですが、
まだ世の中に出してはいけないことなので、
情報解禁日が来るのを楽しみにしておきます。

2013年はいい年になるといいですなあ。



なんか寒いなあと思ったら窓が開いていたりした日曜日。

ネコは相変わらずゴロンゴロン床を転がっています。

ネコノミクス!
c0036544_167624.jpg

[PR]
by HBK-sweet | 2013-04-21 16:08 | プロレス

プロレスは裏切らない

今日は今年はじめてのプロレス観戦となるDDT後楽園ホール大会。

もう、今日はメインに尽きるでしょう。

入江くん、KO-D無差別級王座獲得おめでとう!

プロレス少年として育ち、名古屋でプロレスデビュー。
そこから紆余曲折を経て今はDDTの所属となった入江くん。

2009年5月の愛プロで、大谷がタッグマッチで
入江と対戦した試合後にこんな言葉を彼に送りました。

プロレスの教科書153ぺージ。
壁に当たったときこそ上を見ろ。
崖っぷちのときこそ上を見ろ。
プロレスは裏切らない


この、「プロレスは裏切らない」の一言を胸に
辛く厳しい状況でもプロレスを信じ入江くんは戦ってきました。

なかなか結果が出なかったことがある。
僕自身も、彼にかける期待は大きかった分だけ
弾けきれずにいる彼の現状にヤキモキしていたのも事実です。

それだけにトーナメントを勝ち上がって掴み取った
今回のベルト挑戦のチャンス、相手が強い王者
ケニー・オメガということもあり、何か今まで溜まっていたものを
全て吐き出してくれるのではないかと期待していました。

試合はケニーのパワフルな攻撃に終始押され気味でしたが、
最後の最後に会場のみんなの思いを背負った垂直落下式バックフリップで
見事ケニーをマットに沈め、念願の念願のベルトを手にすることが出来ました。

だけど、試合内容も含め
まだまだこれからの部分は多いです!

ここがスタートだ入江くん!!

これからも応援し続けるよ。

プロレスを続けていればきっといいことがあるし、
プロレスを見続けていれば数多くの素敵な瞬間に立ち会える。

そう改めて感じた一日でした。


ちなみに試合後はお隣のドームで
巨人vs西武を観戦。

こりゃ今年も優勝だな!!
[PR]
by HBK-SWEET | 2013-03-20 20:42 | プロレス

ミッションコンプリート

運命の午前10時。

モス公の病院がさくっと終わったので帰り道にスマホから
チケット販売開始と同時に販売サイトへアクセス。

しかし!1分経たずに全席販売終了!!

Twitterで検索したら他のサイトも軒並み全滅したようで・・。

残すは後楽園ホール他、実店舗での販売にかけるしか
無かったですが、諸々片付けてから店舗へ行く頃には
チケット残っているかどうか怪しく、半ば諦めていました・・・。

が!

神様というのは本当にいるもんで、
Twitter経由で、プロ格DXサイトではまだ購入可能であると
教えていただいたのでアクセスしてみたところ
無事にアリーナS席をGETできました!!!

おおおおおお!!!!!!!

アリーナS席はもう手に入らないだろうと諦めていたのですが
まさかの確保完了であります!!

失意のどん底から一気に有頂天へとテンション急上昇!

感動の瞬間へ立ち会える権利を得ることが出来ました。

後はその日まで元気に生きて武道館へ向かうだけです。
もちろん小橋もその時点でのベストな状態で
武道館のリングへ立ってくれることを祈ります。

それにしても今日はどっと疲れました(笑)
[PR]
by HBK-SWEET | 2013-02-26 23:40 | プロレス

プラチナチケット

小橋健太引退試合のチケット、
NOAH公式HPで今日の午前10時から特別先行発売だったので
画面を開きながら待っていました。

ちょっと作業をしていたので、10時1分頃にアクセス。

さくさく進み、全席種特に売り切れの表示もなかったので
お、確保できる!と小躍り。

必要事項を記載して「次へ」をクリックしたら、
「ご希望の席種は販売終了しました」という無情の赤字。

戻って席種を変えて再度試してみましたが
どの席種も売り切れていました・・。

まだ10時5分にもなっていないのに・・・。

きっと今日の販売で用意した席が少なかったのだと思うことにします。

そうじゃなかったら明日からの一般発売は間違いなく
瞬殺されて終わってしまうでしょう・・。

幸か不幸か明日は代休を取る予定なのですが、
ちょうど朝一でモス糞ビーをワクチン注射に連れて行く予定なので
最悪は病院の待合室で携帯とにらめっこするハメになるでしょう。

この際もう席種や場所にはこだわらないので
ちゃんとチケット確保できることを祈ります。

武道館は比較的上の方でもリング見やすいですからね。
※視力良くてよかったと心底思います

次のブログが

ああああああああああああああああああああああああああああああああああ

となっていたら察してください。

頑張れ、オレ☆
[PR]
by HBK-sweet | 2013-02-25 23:23 | プロレス
ネットプロレス大賞2012

という訳で昨日結果が発表されました。

ありがたいことに、最優秀マスメディア部門で
僕を含め日本から駆けつけたファンのレポートに
票を入れてくださった方がいらっしゃいます。

本当にありがたいことで名誉なことです。

この場を借りて深く御礼申し上げます。

有効投票が全部閲覧できるので
ざっと眺めてみたのですが、投票結果に皆さん一人一人の思い入れが
強く込められているので、票を投じた理由を自分なりに想像して
皆さんのプロレス愛を感じています。

今回は過去最多の投票数だったようですが
ここ最近のプロレス界の盛り上がり方も寄与しているものと思われます。

ぜひ次回のネットプロレス大賞も多くの投票があって
盛り上がるといいですね。

さて、2013年はどんな感動が僕達を待ち受けているのでしょうか。

考えただけでワクワクしてしまいます。
[PR]
by HBK-sweet | 2013-01-25 23:57 | プロレス

小橋健太引退試合決定

小橋健太の引退試合が5月11日に決定しました。

正直、思っていたより早かったです。

本人の話を聞くと、まだ状態はかなり悪いようなので
引退試合は夏か秋ごろになるのかなと思っていたのですが。

なんとか当日までに少しでもコンディションが戻るといいんですけどね・・。

逆に言うと、土日祝でちょうど武道館が空いていたタイミングが
ここだったのかもしれません。

幸いなことに当日は仕事の予定も入ってないし、
繁忙期でもないし、今からであれば休みは確実に取れると思います。

引退試合は仕事を辞めてでも観に行こうと思っていたので
小橋のコンディションの心配を除けばベストな日程です。

この日のチケットが争奪戦となることは必至でしょう。

良席は諦めますが、なんとかプラチナチケットをGETしたいと思います。

あまり使いたくないですが、最悪の最悪は使えるだけの
コネをフル動員してみようかと考えてみたりします。

まあチケットが手に入らず
そう思った頃にはもうチケット無くなってそうですけどね。

三沢さんと並んで確実に僕のDNAの一部を構成している
小橋健太の最後の勇姿をしっかりと見届けて、
僕自信のプロレス観戦の一つのピリオドを打ってきたいと思います。

当然、これからもプロレスは観に行くのですが、
第1幕終了、といった感じで。

小橋がいなくなるといよいよ
「四天王プロレス」が終わるという思いです。

5月11日、胸に焼き付けてきます!
[PR]
by HBK-SWEET | 2013-01-23 23:11 | プロレス

ネットプロレス大賞2012

体調が悪い日々が続いている中、
留守にしている東京の家で謎の水漏れ事故が発生したり
していますが、何はともあれネットプロレス大賞2012へ投票しました!

自分の投票結果はこんな感じです。

【MVP】
1位:アブドーラ小林
2位:オカダ・カズチカ
3位:秋山準


【最優秀試合】
1位
2012年9月9日
団体:LLA
会場:コルセオ デ ビジャ ビクトリア
対戦カード:ディック東郷、アントーニオ本多、佐々木大輔、ヤス・ウラノ vs アルコン・ドラド、アハイユ、アポカリシス、ゲレーロ・アヤ

2位
2012年7月24日
団体:DDT
会場:日本武道館
対戦カード:飯伏幸太vsケニー・オメガ

3位
2012年10月9日
団体:新日本プロレス
会場:両国国技館
対戦カード:棚橋弘至vs鈴木みのる


【最優秀タッグチーム】
1位:GET WILD
2位:バラモン兄弟
3位:ヤンキー二丁拳銃


【新人賞】
1位:塚本拓海
2位:橋本大地
3位:竹下幸之助


【最優秀興行】
1位
2012年9月9日
団体:LLA
会場:コルセオ デ ビジャ ビクトリア

2位
2012年7月24日
団体:DDT
会場:日本武道館

3位
2012年11月24日
団体:大日本プロレス
会場:後楽園ホール


【最優秀団体】
1位:新日本プロレス
2位:DDT
3位:大日本プロレス


【最優秀マスメディア】
1位:生きていることが奇跡!!宍倉清則のいまのキモチ
2位:Backpacking wrestler ディック東郷の『東郷見聞録』
3位:クイズタレント名鑑 史上最大ガチ相撲トーナメント


なかなか熟考している余裕がなかったので
漏れがあるかもしれませんが、各賞1位だけは揺るぎないですね。

最優秀マスメディアも!

今日は1.4東京ドームですね。

病床からネットPPVで観戦したいと思います。
[PR]
by HBK-SWEET | 2013-01-04 14:11 | プロレス